より子の言の葉。

30代半ば独身女の読書ブログです。

2019-01-30から1日間の記事一覧

【読書感想】予定調和は美学、それを覆すのもまた美学。貫井徳郎「我が心の底の光」

ダウナーな時は、ダウナーなものを読むといい。 デビュー作「慟哭」から一貫して、救いようのない鬱小説を世に出し続けている貫井先生の作品は、私の抗うつ薬です。 とことん堕としてくれるので、読み終わったときにはよりいっそうの鬱が広がるか、「あ、私…