より子の言の葉。

30代半ば独身女の読書と徒然雑記ブログです。

【コミックエッセイ】婚活に疲れた30代の女性にオススメしたい本3選

f:id:bookbb:20180712234950j:plain

こんにちは。より子です。

30代女子(婦人)の皆様、元気に婚活していますか?

婚活、大変ですよね。

平日は仕事の後にお見合いパーティーの情報をチェックして、合コンや面談の日程を調整。いい感じの人がいれば駆け引きしながらLINEに返事。週末に向けて身だしなみを整えて、いざ参戦。

ちょっとでもいいなと思う人が現れればラッキーだけど、30代だと告げるとあからさまに嫌な顔をされたり、下手をすれば暴言を吐かれてメンタルがボロボロに。それでも35歳までにはと奮起するも思い通りにいかなくて鬱々としちゃう気持ち、超わかります。

実際に私がそうでした。

20代の後半から結婚を意識して、友人の紹介、お見合いパーティー、合コン、結婚相談所、婚活アプリ、ありとあらゆるもの経験しましたが未だに独身です。

「そんなのおまえに問題があるんじゃねーの」

はい、肯定も否定もしません。正解ですし、不正解です。

職場から、友人から、親からありとあらゆるプレッシャーをかけられて、自分の趣味をする時間も、ストレス発散もできず、焦燥感に駆られるだけの日々をお過ごしの皆様、

 

ちょっと、一休みしませんか。

私が、婚活鬱になりかけと時に前向きになれた本を3冊紹介します。

 

30代女性が婚活に疲れたときにオススメのコミックエッセイ 

1、「お互い40代婚」たかぎなおこ

40代で出会って、はじめての結婚・出産・子育て。
ひとりぐらしを満喫して、仕事に趣味に楽しい毎日をおくってきたけれど、楽しいからって私、ずっとこのままでいいのかな…?
そんなときにカニがご縁で(?)仲良くなった通称「おつぐやん」。
ほのぼの優しくて、食べ物の趣味も合うし、
なんかこの人いい感じじゃない…?
お互い40代で出会ったからこそ、オトナの幸せを満喫…
と思いきや、妊娠・出産は待ったなし!!
「別冊レタスクラブ」に掲載された漫画に加え、書き下ろし94ページ!
大人気イラストレーター、たかぎなおこの40代ならではの焦燥感と貫禄(?)をたっぷり味わえる、ファン待望のコミックエッセイです。

 たかぎなおこさんは39歳になったとき、30代のうちにやり残したことはないのかと考え婚活を始めます。

 「いやいや、流石に遅いだろ」って思ったのは私だけじゃないはずです。

ですが、彼女は順調に結婚、妊娠、出産へと進んでいきます。

30代、まだまだ焦る必要はないと思わせてくれた一冊です。

 

2、「あせるのはやめました」森下えみこ

あせるのはやめました 本日も独りでできるもん

あせるのはやめました 本日も独りでできるもん

  • 作者:森下 えみこ
  • 出版社:メディアファクトリー
  • 発売日: 2011-04-08

えみこ35歳。30代前半の頃は、「結婚!」「彼氏!」とあせっていたけど、そんな気持ちも今は昔。だからといって、結婚や恋をあきらめたわけじゃない。今までも何とかなってきたから、これからも多分何とかなる…はず。独身35年め~36年めの日々を、うっすら前向き&マイペースに暮らしていきます。

 森下えみこさん(@morishitaemiko)はいまだ未婚です。

なんてことのない日常をゆるりとしたイラストで描きつつ、30代半ばの繊細な心の内を描いています。

自分に対する突込みが面白くて、ほっこりと癒してくれる一冊です。

 

3、「結婚さえできればいいと思っていたけど」水谷さるころ

結婚さえできればいいと思っていたけど

結婚さえできればいいと思っていたけど

  • 作者:水谷 さるころ
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日: 2016-10-27

人生に、「結婚」は必ずしも必要じゃないのかも! ?
結婚→離婚→事実婚を経験した著者による、「結婚とは何か」を考える自意識系コミックエッセイ。
「30歳までにぜったい結婚したい! しないと! 」と思って駆け込み三十路婚をした水谷さるころ。
しかし、結婚後の生活は想像していたような素敵ライフには程遠く、そもそも相手が違っていたのでは……と気づき始め、離婚に踏み切ることに。
ただ結婚しただけじゃダメなんだ…自分がどういう人生を送りたいのか考えないと…と離婚反省会を繰り返した後、自分なりの幸せ(=子どもがいるバツ一男性との事実婚)に至るまでの道のりを赤裸々に描いた実録漫画です。
「やっぱり妥協しないと結婚できないのかな…」と迷走気味の女子、必読

 水谷さるころ(@m_salucoro)さんは、26歳から36歳の間の婚活、結婚、離婚、事実婚のエピソードを自己分析しながら描いています。

「結婚するということはどういうことなのか」を考えさせられる一冊です。

戸籍のことや事実婚について詳しく説明があり、選択肢を増やすための良い知識が得られました。 

 

<まとめ>

婚活をしていると途中で目的を見失いがちです。

「結婚」するために「婚活」をしていると、幸せが訪れるのが遠のくのではないのでしょうか。

幸せは「結婚」だけじゃありまえせん。

自分の時間を取り戻すことだって幸せの一つです。

この記事が届いた皆様の、少しでもの気分転換になりますように。

おしまい。

 

 

<編集後記>2018.07.12

私「婚活を頑張る」ことはやめたけど、「結婚」自体は諦めてないからね。

それにしても漫画含めない婚活本だけで30冊は読んだ気がする。

婚活本マイベストは

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂) by二村ヒトシ

 漫画なら

いつかティファニーで朝食を 1 (BUNCH COMICS) byマキヒロチ

 小説なら 

コンカツ? (文春文庫)  by石田衣良

指南本なら

この人と結婚していいの? (新潮文庫) by石井希尚

 

新書はパッと出てくるのは無いなぁ。

なんて活字オタクの「読んでる」自慢はよくないかな。

それぞれのカテゴリーで近々記事にするぞ。っと。