より子の言の葉。

30代半ば独身女の読書ブログです。

認めたくないものです。「女のしくじり」

f:id:bookbb:20181020222121j:plain

どうも、人生迷子のより子です。

新人じゃない。管理職でもない。スキルもなければ人望もない。

ないない尽くしのゆるふわお局35歳(仮)です。

この年になると誰も怒ってくれないから、愛のある説教を受けたいと思うのは私だけでしょうか?

「だからあんたはダメなのよ。」と罵られたい。

性格は変えられないって言うけれど、一週回って平身低頭の勢いで人生の教えを乞いたい。

はい、そんな気分で読んだのが本書「女のしくじり」です。

間違っても「生きるヒント」とか読まないのが私です。

しくじってばかりの人生ですがこれ以上「しくじり女=痛い女」にならないように、心を殴られながら読了しました。

「女のしくじり」ゴマブッ子

内容紹介

 独身と既婚者の差。それは「しくじり」という名の紙一重。
その差の正体、お教えします――
婚活ブームにお疲れ気味のすべての女性に贈る、笑えて泣ける本音のモテ教本!

 

著者のゴマブッ子さんはゲイ(男性)です。

だけど、めちゃくちゃ女ごころを理解しています。

個人的にDJあおい、ジェーン・スー、ゴマブッ子は女のもやもやを言語化してくれる三大巨頭です。 

本書では〇〇な女という見出しで、いくつもの痛い女を紹介しながらダメ出ししてくれる作品です。

元はブログで、全頁”話ことば”なので非常に読みやすいです。

変化に気が付かなければ、しくじりにも気づかない。

女の人生は、やはり結婚・妊娠でガラッと変わるんじゃないかと思います。

つまりそれがないということは、「何も変化がない」ということです。

例えばショートパンツやニーハイを何歳まで履いていいのだろうか。

25歳までは余裕。アラサーになると微妙かな。

なんて微妙な線引きのまま、いつのまにか「まだ20代に見えるから大丈夫」って30歳越えてもそんな服装をしていた私です。

絶対領域は大事。と声高らかに言っていたアホな女でした。

痛いです。

それもこれも、10年前と今、何も変わらないことが原因なんじゃないかと思います。

年をとっている自覚がない。見た目がどうこうって問題じゃない。

適齢期で結婚した女の子供は今や小学生です。

無印良品の女にステップアップしている同年代に追いつかなければなりません。

幸い私の生活環境にはあまりプレッシャーを感じることはありませんが、

どんなに言葉を尽くそうとも「独身なんだ」って目で見られます。

一つ何かをしくじれば「やっぱり理由ありなんだ」って思われます。

だから、私大丈夫かなって振り返るために本書は最適だったと言えます。

しくじり女はしくじっていることを認めない。

・恋愛経験がそれなりにあって、非モテではないはずなのに、何故か結婚出来ない

・頑張っているけど結果が出ない

こんな人に向けて書かれた本書です。

例えば、

「ノーと言える女」「駆け引きができない女」

「タクシーで帰る女」「実家暮らしの女」

「ひとりでバーへ行く女」「ギャップがない女」

「つまらない男と付き合うぐらいなら一人でもいいと思っている女」

など、これ私のことだなと共感する話がたくさんでてきます。

ぶっちゃけ該当する箇所が半分以上、本質的にはそれ以上でした。

ですが本書を読んで、早めに気づけて良かった。軌道修正しよう。

なんて思える精神ならば、そもそもしくじっていないわけです。

思わず言い訳したくなっちゃいます。

認めたくない。

 「痛い女」だなんて信じたくない。

あぁでも悲しいかな、胸が痛い。

この胸の痛みはきっと図星ってやつですね。

聞こえます。現実を見ろという声が聞こえます。

でも「女」だからしょうがない。

言い訳が多い女です。

だってそうでもしないと、まっすぐに歩けないんじゃないかって思うから。

誰にも選ばれていない現実にあれこれ付け加えてなんとか歩いているのです。

私はしくじり女かもしれない。

でもしょうがないじゃないか(笑)

頑張った結果のしくじりなんですもの。

価値を知らない女がもてはやされ、価値を知っている女が非難される。

世の中にはくだらない男がたくさんいますが、そのくだらない男をたてなければ何もはじまりません。

価値を知っていても時には知らないフリをする。それがしくじらないための極意です。

 本書の良いところは、アドバイスも一緒にのっています。

しくじらないためにこうした方がいいわよと書いてあります。

著者の人柄なのでしょうか、不思議と素直に聞くことが出来るような気がするのです。

私は本書を読んで「痛い女」なのかもしれないと、自覚を持つことが一番大切なのかなと思いました。

そして「聞く耳を持つ」こと。ちょっといい女な気がします。

いやいや、そんな甘ったるいことを言ってないでとっとと

現実を見ろ。

鋭い視点でグサグサと刺されますので覚悟して読んでください。

おまけ

定期的に「ゲイバーに行ってダメ出しされたい」って呟いて周りを凍り付かせます。

すすきので女ひとりで行けるお店誰か教えて下さい(笑)

あ、これすでにしくじってるな。

女のしくじり

女のしくじり

  • 作者:ゴマブッ子
  • 出版社:ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2009-12-10