より子の言の葉。

30代半ば独身女の読書ブログです。

社会保険労務士や労働基準監督官が題材の本を紹介します。

f:id:bookbb:20180803235833j:plain

こんばんは、より子です。

零細企業で一人事務をしています。経理もやれば総務もやります。

お仕事小説が大好物ですが、中でも勧善懲悪が大好きです。

労基関係の本は対ブラック企業と対峙していて面白いものが多いと思います。

そんなブラック企業を成敗するお話、中の人の小説を紹介します。

社会保険労務士や労働基準監督官が題材の本

ダンダリン一〇一(漫画)by鈴木マサカズ

ダンダリン一〇一 (モーニング KC)

ダンダリン一〇一 (モーニング KC)

  • 作者:鈴木 マサカズ
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2010-09-22

 労働基準監督官、段田凛(29歳)が主人公の勧善懲悪のお仕事漫画です。

不正に働かせているブラック企業や、パワハラなど労働の問題について調査・指導していくストーリーです。原作はカバチタレ!と同じ作者の田島隆さんです。カバチタレが面白かった人にはオススメです。絵が綺麗で読みやすいです。

2013年にドラマ化もしています。

ダンダリン 労働基準監督官|日本テレビ

労働Gメン草薙満(小説)by早見俊

労働Gメン草薙満 (徳間文庫)

労働Gメン草薙満 (徳間文庫)

  • 作者:早見 俊
  • 出版社:徳間書店
  • 発売日: 2017-11-02

大手化学メーカーに勤務する村瀬一雄が帰宅途中に服毒自殺した。

村瀬の妻から相談を受けた労働基準監督官の草薙満は、村瀬が退社後にアルバイトをしていたことを突き止める。

アルバイト先を張り込み中、草薙を不審者と勘違いして職務質問してきたのが、ひばりが丘警察署の安城沙也加だった。

村瀬の自殺の真相を探るうち、草薙と沙也加はある謎に直面する――。

ライトノベル感が強くリアリティがちょっと薄いけど、労基のお仕事の紹介と僅かばかりの推理小説の要素もあって面白かったです。ザ・熱血マンって感じです。

働き方改革のせいか、平台に並んでいました。

地味な仕事だけど、頑張ってほしいものです。

続編「正義の行方: 労働Gメン草薙満 (徳間文庫)」が発売されています。

 エール!2(短編小説集)

エール! 2 (実業之日本社文庫)

エール! 2 (実業之日本社文庫)

  • 作者:坂木 司,水生 大海,拓未 司,垣谷 美雨,光原 百合,初野 晴
  • 出版社:実業之日本社
  • 発売日: 2013-04-05

 お仕事小説に特化した短編集です。1~3まで文庫化されていて、様々なお仕事を題材としているので、このシリーズがお仕事小説好きにはたまらない1冊です。

シリーズうちこの「エール!2」の二話目に「五度目の春のヒヨコ」という新人社労士のお話が出てきます。短編集なので、物足りなかったのですがついに単行本が出ました。↓ ↓ ↓

 ひよっこ社労士のヒナコ(小説)by水生大海

ひよっこ社労士のヒナコ

ひよっこ社労士のヒナコ

  • 作者:水生 大海
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2017-11-28

パワハラ、産休育休、残業代、裁量労働制、労災、解雇、ブラックバイト…。新米社労士の朝倉雛子(26歳、恋人なし)が、6つの事件を解決。

 (文庫化したら買う予定です。読了後追記します。)

 カトク 過重労働撲滅特別対策班 (小説) by新庄耕

労働基準監督官のお仕事小説です。

中でも特別チーム「過重労働撲滅対策班」に所属している主人公のお話です。大手企業の労働問題に対して指導する立場ですが、ダンダリンのような手厳しい感じはなかったです。

もっとブラック大手企業とバチバチに対立することを期待したのですが、結構地味です(笑)仕事的に仕方ないのでしょうか。

ただ、登場人物の心理描写が多めで「何故そこまで働くのか」「死ぬまで働いてしまうのか」という問題について深く考える一冊でした。

モデルとなったであろう企業が想像つくので、面白かったです。

<まとめ的なもの>

働き方改革と言われていても、こういうブラック企業を正規の方法で懲らしめるようなお話って少ないなぁと思います。

地味に出版関係がそもそもブラックだからなんじゃと思ってしまうのは考えすぎでしょうか。

Amazon関連商品で出てきたこの本もいつか読もう。

 <関連記事>

 <編集後記>2018.08.05

お仕事シリーズは基本的に資格試験を受ける人へ向けて書いていて、本当は簿記と司法書士もやりたいけど、圧倒的に数が少ない。会計と弁護士にすると数が増えすぎてまとめきらん。悩ましい。